So-net無料ブログ作成

上原惠子さんはかわいい人。 [8人の女たち]

今日の稽古場日誌は「8人の女たち」でマミー(おばあちゃん)役を演じてくれる上原惠子さんをちょっとだけご紹介します。上原さんは座長の先輩役者で、2006年のショーマンシップ公演「精霊流し」でも”おばあ”役を演じてくれました。








演出の仲谷曰く、「上原さんは、ものすごくイノセント(無垢)な方」で「肌で感じたことを素直に表現する人」

上原さんは、劇団員からすれば”おかあさん”と呼んでしまっても失礼ではないのだろうけど、素直で愛らしい彼女を前にしてそう言ってしまうのは、少しばかり憚られる。いつまでも歳をとらずにいる、子どもだけど大人、大人だけど子ども。
何年たっても変わらずに自分を持ち続けている彼女。沢山の女性がそうありたいとつい思ってしまうのではないでしょうか?
そんな彼女だからこそ、歳を重ねたおばあちゃんの役もすっと肌に馴染んだ演技で見せてくれるのでしょう。



↑何か考え事をするような表情の原岡さんと上原さん。これはお芝居でしょうか、それとも本当に悩んでいるのでしょうか?上原さんは読みの稽古でよくこんな表情をされます。
何を考えているのだろう……?うーん……


素直に笑っている彼女は可愛い。

仲谷が何気なく口にする「今回は素直に稽古できそうだ」とか、今回は上手く行くと思っている、という意味を孕んだ言葉の端々に垣間見えることから、演出の仲谷はいつもより気を楽に持ち、それでいてこの作品に対する思い入れの大きさは何倍にも膨らんでいるのではないでしょうか?(だからって、いつもが手抜きって訳じゃないですよ!)

それだけ役者に対する期待も大きいと言えるかもしれませんね。

WEB担当  浮草からす


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。